【買って後悔】衝動買いしてしまう人4つの心理!と改善する3つの対策

 

  • 衝動買いしてしまう人の心理が知りたい!
  • 衝動買いが止まらない!

そういった悩みを面白方は今の御時世珍しくないかもしれません。

 

本人の性格なのか衝動買いしてしまう人というのは、いらっしゃいますからね。

まぁそういった方がいないと日本経済も回らないので有りがたい存在ではあるのですが…。

そんなに衝動買いばかりしていたらお金がたまりませんし。

きりがありませんからね。

 

このページでは衝動買いしてしまう人の心理と衝動買いしない方法についてまとめてみました。

⇒【手軽にできる】貧乏脱出には収入アップ!最適な副業をご紹介!

 

衝動買いしてしまう人は人から良く見られたいことも

そういった衝動買いしてしまう人というのは、人から良く見られたい傾向にあります。

一番は店員かもしれませんね。

特にアパレルショップなどでは店員が接客してくれますからね。

  • お客さんはとてもお似合いですよ!
  • これはとても似合っていますよ!
  • これは買ってしまうしかありませんよ!

などなど。

とにかくおだててきますからね。

 

そういった口車に乗せられて買ってしまう傾向にあるんです。

そこで断ればいいのですが断ってしまうと、店員をがっかりさせてしまいますからね。

そういった衝動買いしてしまう人というのは、なかなか断りにくく店員に対してもよく見られたい傾向にあります。

 

衝動買いしてしまう人は想像力がない

そういった衝動買いしてしまう人というのは、想像力がない傾向にあります。

衝動買いする前に、

  • これは果たして使うだろうか?
  • 自分のライフスタイルに合っているだろうか?
  • こんなもの買っても使わないのではないだろうか?

こういったことは買う前に考えれば衝動買いなんて絶対しません。

 

大抵のものは1時的に欲しいとは思いますが…。

よくよく考えてみればそれほど使わなかったりしますし。

服をたくさん買っている人は多いですが、

  • あまり着なかったりしますし。
  • 着る頻度が少ないと埃を被ったりしますし。
  • カビが生えてしまったりしますし。

あまりいいことはありません。

ものなんて少ない方がいいに決まっているんです。

そういったことを考えない想像力のない人が衝動買いをしてしまうんだと思います。

 

衝動買いしてしまう人は人生に虚しさを抱えるケースも!

そういった衝動買いをしてしまう人というのは、人生に虚しさを抱えているケースも多いです。

人生がつまらないと感じていて、衝動買いすることで人生の虚しさや苦しさから目を背けているんです。

実際ブラック企業に勤めているOLなどが、服などを衝動買いしてしまって着もしないのに腐らせてしまうなんていうのはよくあるパターンです。

ストレスから衝動買いしてしまうケースです。

 

確かに今の世の中人間の生きる意味などがわかりづらくなってきていますからね。

つかの間デパートなどに行って、きらびやかな雰囲気でショッピングを楽しむと、そういった人生の虚しさや儚さなどを忘れられるのでしょう。

 

衝動買いしてしまう人は整理整頓が苦手

そういった衝動買いしてしまう人というのは、整理整頓が苦手な傾向にあります。

一応金はあるので衝動買いするお金はありますが…。

  • 買うだけ買って押し入れに入れっぱなしだったり
  • クローゼットに入れっぱなしだったり
  • 箱から出さずにそのままだったり

します。

買っただけで満足してしまうと、言えますね。

 

整理整頓が得意であれば、自分の部屋の状況などを見て必要なものと要らないものを見分けられるんです。

なので、衝動が用意することなんてありません。

ですが衝動買いをしてしまう人というのは、整理整頓が苦手で自分が何を持っているのかまで把握していない傾向にあります。

こういった人がゴミ屋敷を作ってしまう傾向にあります。

普通に生活している人でも部屋はゴミ屋敷と化している!なんていうのはよくあるパターンですからね。

 

衝動買いする前に「これは本当に必要か?」考えるべき

そういった衝動買いしてしまう方というのも今のご時世珍しくはないと思うのですが…。

やはり衝動買いしないようにするためには、これは本当に必要かということを考えるべきです。

今の御時世供給過剰で物余りでデフレの時代ですからね。

もう我々はすでに生きていく上で必要なものは全て持ってるんですよ。

大抵のものは余分なものだったり、単に新しいもの好きで欲しくなっているだけだったりします。

 

そういったものは買ったところで、実際使わなかったりしますし。

それは良いものかもしれませんが、

  • あなたのライフスタイルに合うかわかりませんし。
  • あなたが好みに合うかわかりませんし。
  • 貴方が使いこなせるかは分かりませんし。

そういったことを想像力を働かせて考えてみるべきです。

翌々考えてみればそれは買う必要はないかもしれませんし。

そういった風に考えれば衝動買いをせずに済みます。

 

衝動買いをなくすにはこれまで衝動買いしたものについて考えるべき

そういった衝動買いをなくすためには、自分がこれまでいかに無駄なものを買ってきたのかを振り返ってみるべきです。

こんなページを見ているということは、これまでにもしかしたらたくさん衝動買いをしてきたのかもしれません。

そういった人というのは、部屋にこれまでに衝動買いした使いもしないものがたくさん溜まっているはずです。

そんなものを買わなければ部屋もすっきりしてお金も貯まっていたでしょうに…。

 

そういったことをよくよく考えてみましょう。

大抵のものはその時欲しいだけで買っただけで満足してしまい、ろくに使わなかったりします。

我々が豊かに生活する上で必要なものなんて驚くほど少ないんです。

そういったことをよく考えてみれば衝動買いも減るはずです。

 

衝動買いしてもお金が余るよう稼ぎを増やしてみる手も

そういった衝動買いしてしまう方というのは、今のご時世珍しくはないと思います。

まぁ衝動買いしてしまうのは珍しくないと思います。

まあストレスが溜まっているのであれば、仕方ないのではないでしょうか?

本人の性格でしょうし、いきなり直せと言われても難しいのかもしれません。

 

ですが衝動買いしてしまうと、お金がなくなってしまいますよね。

衝動買いが止められそうにないのであれば、衝動買いしてもお金が余るように稼ぎを増やしてみるのも手段の1つです。

幸い今は有効求人倍率も高いですし、比較的良い会社にも行きやすくなってきていますし。

幸い最近はネットでできる副業なども増えてきていますし。

手軽に稼ぎを増やしていくことも可能な時代なんです。

 

そういった風に稼ぎを増やせば、衝動買いしてもお金が余るかもしれませんし。

もっと労働環境の良い会社に行ければストレスが減って衝動買いもなくなるかもしれません。

⇒【手軽にできる】貧乏脱出には収入アップ!最適な副業をご紹介!

⇒【給料安い】ワーキングプア脱出!待遇のいい会社に行く具体的な方法!

 

まとめ

そういった衝動買いしてしまう方というのは、今のご時世珍しくはないと思うのですが…。

やはり衝動買いしてしまうと、お金がなくなってしまいます。

そんなに無駄なものばかり買っていても、仕方ないですし。

 

現代は捨てるのにもお金がかかりますし。

1度手に入れてしまうと、中古品が使いで売りに出そうとしても二束三文だったり買値がつかなかったりします。

今の時代は本当に供給過剰で物余りでデフレなんです。

1度手に入れたものを売りにだそうとしても本当にろくな値段なんてつきませんよ。

ババを引かされていると、言えるかもしれません。

そういったことを考えていけば衝動買いをしたくなることも減ると思うんですが…。

 

まぁもしかしたらかなりストレスが溜まっているのかもしれません。

あまりにストレスが溜まっている職場に勤めているのであれば、早めに転職を検討したりするのも良いかもしれません。

そのまま衝動買いが治らないままだったら、いくらお金があっても足りませんからね。

 

バレずに副業するなら、月5万円以上稼げるポイントサイトがお勧め!

「お金がないから副業したいけど、会社にバレたらどうしよう…」と悩んでいませんか?

会社にバレずに副業するなら、スマホでもできるポイントサイトがおすすめです!

無料会員登録や口座作成などの案件をこなすことでポイントがたまり、現金や電子マネーに交換できます。

現金に交換すると税金から会社にバレてしまう可能性も出てくるのですが(少額なら大丈夫ですが)、Tポイントや楽天ポイントに交換して生活費に充てるなら今のところ会社にバレる可能性は極めて低いです。

最近はポイントだけでも様々なチェーン店で使えますので、現金と同じように使えるようになってきています。

 

こちらのポイントサイトは案件が豊富で還元率が高く、高額案件をこなせば月5万円近く稼ぐことも可能です。

私も何回も換金していますし、稼げないネット副業が多い中、ポイントサイトはやれば誰でも稼げますのでお勧めです。

モッピー!お金がたまるポイントサイト

 

⇒月5万円の副収入ゲット!最強ポイントサイト【モッピー】

 

節約
binbouをフォローする
ワーキングプア脱出!収入を上げ貧乏を脱出する方法【ワーキングプア.com】
テキストのコピーはできません。