生活できない給料なら転職すべき理由!年収アップさせたいならこうしよう

geralt / Pixabay

 

  • 給料が低くて生活できない…
  • 生活できないから転職したい!

今のご時世、そんな悩みをお持ちの方は珍しくありません。

 

特に最近は給料が低い方が増えていることもあり、生活できない給料しか稼げない方も珍しくありません。

都会であれば最低賃金も上がってきていますが、地方ですと未だに最低賃金700円台の都道府県も多いです。

地方だと、正社員の給料も、生活できないレベルだったりしますね…。

 

ですが、そんな生活できないレベルの給料では、これから先不安だと思います。

この記事では、給料が低くて生活できないなら転職すべき理由についてまとめてみました。

⇒【手軽にできる】貧乏脱出には収入アップ!最適な副業をご紹介!

生活できない給料なら転職すべき理由

生活できない給料しか稼げないと、やはり将来が不安です。

貯金ができなくても、なんとか生活できているならまだマシですが、生活できないのであれば厳しすぎるでしょう。

貯金はおろか、貯金を取り崩す生活なのかもしれません。

生活できない給料なら転職すべき理由についてまとめてみましたので、参考にしてください。

今の会社で頑張っても給料は上がらない

生活できない給料なら転職すべき理由として、今の会社でいくら頑張っても、給料は上がらないことが挙げられます。

まともな会社であれば、頑張って働いていけば給料は上がっていくでしょう。

ですが、現時点で生活できない給料しか稼げていないのであれば、これから先上がっていく見込みはないでしょう。

 

まぁ多少は給料も上がっていくかもしれませんが、生活できるほど稼げるかはわかりません。

それ以上に、これから先は更に税金や社会保険料が上がっていくことが予想されています。

多少給料が上がったところで、むしろ手取りは減っていく可能性が高いです。

生活できないなら、何のために働いているのかわからない

生活できない給料なら転職すべき理由として、何のために働いているのかわからなくなることも挙げられます。

毎日働いていけば、貯金もできて生活が楽になっていく希望があるからこそ、働く意味もあるというものです。

ですが毎日頑張って働いても、貯金はおろか生活すらできない給料であれば、頑張る理由はありません。

 

そんなに給料が低い場合は、正社員でもさっさと辞めて、派遣などで働いた方がまだ稼げるかもしれません。

少なくとも今の会社で頑張る意味はほぼないので、早めに転職したほうがよいでしょう。

今ならもっと良い会社はたくさんある

生活できないなら転職すべき理由として、今ならもっと良い会社はたくさんあることも挙げられます。

特に今は有効求人倍率も高止まりしており、正社員の有効求人倍率も一倍を超えてきています。

流石に今よりもマシな会社はたくさんありますから、早めに転職を考えたほうがよいでしょう。

 

特に東京オリンピックを境に、「また不況が来て、就職氷河期がくるのではないか?」なんてことも言われています。

早めに動いておいた方が良いでしょう。

早く転職しないと手遅れになってしまう

生活できないなら転職すべき理由として、早く転職しないと手遅れになってしまうことも挙げられます。

特に日本企業は、年齢を過剰に気にする傾向にあります。

若いうちであれば良い会社にも行ける可能性がありますが、歳をとってしまうと難しくなってしまうのです。

 

今は仕事がたくさんある傾向にありますが、これからもそれが続くかはわかりません。

早めに動いておいた方が良いでしょう。

生活できない給料だと年金も少ない

生活できない給料なら転職すべき理由として、生活できない給料だと年金も少ないことも挙げられます。

会社勤めだと社会保険に加入している方が多いですが、厚生年金の掛け金は、給料によって変わってきます。

給料が低ければ、当然ながら老後の年金も少なくなってしまいます。

今現在生活できないレベルの給料であれば、年金も雀の涙ほどしか貰えないでしょう。

 

生活できないレベルの給料では、退職金も期待できない可能性が高いです。

老後のためにも、早めにマシな会社に転職しておいたほうが良いでしょう。

生活できる給料の会社へ転職成功させるには?

生活できない給料の会社で働いている、ワーキングプアの方は、今のご時世多いと思います。

ですがそのままの給料で働いていては、貯金もできませんし、むしろ貯金を取り崩す生活かもしれません。

早めにもっとマシな会社に転職し、生活を改善していきたいところです。

生活できる給料の会社に転職成功させるための方法についてまとめてみましたので、参考にしてください。

転職エージェントに相談してみる

生活できる給料の会社に転職したいのであれば、転職エージェントに相談してみるのも手段の一つです。

転職エージェントが扱っている非公開求人のほうが、資金力の高い良い会社の求人が多い傾向にあります。

エージェントに相談すれば、履歴書や職務経歴書の添削、面接の練習などもしてくれます。

エージェントは企業側はお金がかかりますが、我々求職者側は無料で利用することができます。

転職口コミサイトで探す

生活できない給料の会社は、今のご時世多い傾向にあります。

最近は格差社会と言われていますが、企業間の格差も広がってきているからです。

儲からない企業に勤めていると、いつまで経っても生活できない給料しか稼げません。

 

ただ企業など入ってみないと分からない面があり、「入社してみたら、生活できない給料しか稼げなかった!」なんてケースも珍しくありません。

入社前に会社を見極めたいのであれば、転職口コミサイトを利用するのも手段の一つです。

転職口コミサイトであれば、現役社員や元社員の口コミを見ることができます。

入社を希望する前に、生活できる給料が稼げる企業なのかを、見極めることができます。

 

こちらの転職口コミサイトなら、大手で口コミの数も多いのでおすすめです。

→10万件の企業口コミで失敗しない転職!【キャリコネ】

まずは自分の転職市場価値を診断してみる

生活できる給料の会社を探すには、「そもそも、自分でも良い会社に転職できるのか?」を見極める必要があります。

そのためには、自分の転職市場価値を診断してみるのも手段の一つです。

幸い最近は、自分の転職市場価値を診断できる転職アプリが出てきています。

 

こちらの転職アプリなら、転職市場価値が診断できるうえ、登録すれば面接確約済みのオファーがくるようになります。

オファーを受けるか無視するかはこちらが決められるので、気楽に転職活動をスタートできます。

⇒あなたの転職市場価値、診断します!【ミイダス】

まとめ 転職して早めの生活改善を

生活できない給料で働かされている方は、今のご時世珍しくないと思います。

ですがそんなレベルの給料では、貯金もできませんし、貯金を取り崩す生活になってしまいます。

生活を豊かにしていくために働いているのに、生活できない給料では、何のために働いているのかわかりません。

 

幸い今は仕事は多い傾向にありますので、早めにもっとマシな会社に転職することをおすすめします。

流石に今ならば、もっとマシな会社に行ける可能性が高いです。

仕事が多い今のうちに、動いておくと良いでしょう。

 

貧乏脱出したいけど、どうしたらいいか分からない!

そういった悩みをお持ちの方は今のご時世かなり多いです。

特に最近はワーキングプアの方も多く、大変な仕事をしても給料が上がらないと嘆いている方が多いのではないでしょうか?

 

「貧乏脱出したいけど、どうしたらいいかわからない!」という方は、自分の転職市場価値を診断してみるのがお勧めです!

今なら有効求人倍率も高いので、もっと給料の高い会社に転職することで、ワーキングプアを脱出しやすくなってきているのです。

幸い最近は、転職希望者と企業側の求人データ、過去の転職者のデータから、転職市場価値を診断できる転職アプリが出てきています。

登録するだけでもオファーがくるので、待ちの転職活動もしやすいのがポイントです。

MIIDAS

⇒あなたの転職市場価値、診断します!【ミイダス】

 

特に2020年の東京オリンピック後は景気が後退する可能性が指摘されていますし、「また就職氷河期が再来するのではないか?」なんてことも言われています。

そうなったら「あの時転職しておくんだった…」となりかねません。

今の仕事の給料が低く、貧乏生活を強いられているのであれば、今のうちに一歩踏み出しておくと良いでしょう。

⇒あなたの転職市場価値、診断します!【ミイダス】

ワーキングプア貧乏貧困脱出方法
binbouをフォローする
ワーキングプア脱出!収入を上げ貧乏を脱出する方法【ワーキングプア.com】
テキストのコピーはできません。